Departure's borderline

本と音楽とディズニーといろいろな興味事

ひとり暮らしのおはなし

ひとり暮らしを再開して、もうすぐ2か月になります。

 

私の実家は一応関東にありまして、東京の大学は電車で通えないわけではありませんでした。

ただ、片道2時間ちょっとの電車通学は、こう見えて病気がちな私には耐えられるとも思えず。高校卒業を控え、東京の大学への進学が確定した頃、「身体が弱いからこそ、実家から通いなさい」と大反対する両親をなんとか説得し、東京(正しくは神奈川県横浜市)でひとり暮らしを始めました。

 

最初に住んだおうちは、横浜の高級住宅街にある、キレイでこぢんまりとしたワンルームアパートでした。床が白木材で暖かみがあり、角部屋で、台形の間取りが特徴的な「女の子のひとり暮らし」というにぴったりなお部屋で、私もとても気に入っていました。

ミニキッチンがついていて、土曜日の昼下がりにパンケーキを作るにはぴったりのキッチンでした。高校時代から付き合っていた彼氏と同棲をしていたのも、この部屋です。少し大学やアルバイト先からは遠かったこともあり、1年8か月で引っ越すこととなります。

 

2件目に選んだおうちは、ディズニーランドに自転車で行けるマンション。またしても都内に住むことはなく、千葉県浦安市に移り住みました。ワンルームではなく、独立したキッチンがほしいと思い、1Kの間取りを選び、キッチンも2口コンロのシステムキッチンに。とにかく部屋と収納が広く、荷物がどうしても多い私にはぴったりのお部屋でした。

浦安市を選んだのは理由がいくつかあるのですが、高齢で子どもの居ない大叔父・大叔母夫婦が住んでおり、少し気になっていたことが一番大きいです。実際、私が浦安にいる間、大叔父が亡くなり、葬儀等の手続きは私が全て行いました。

他にも、アルバイト先(浦安市日本橋)が近かったことや、大学時代のひとり暮らしをする友人が軒並み浦安市に住んでいたこともあって、浦安市には大学卒業(半年留年しているので、4年半大学生しています)までの2年10か月暮らしました。

 

ここから、少し慌ただしくなるのですが。

地元に就職を控えた私は、持っていた家具・家電を全て手放し、実家に帰ってきました。愛着のあった家具・家電がトラックに積まれて持って行かれる時、とても辛かったことを思い出します。

ひとり暮らし先から持ち帰ってきたのは、大量の本だけ。本だけは、どうしても捨てたり、売る気にはなれませんでした。

そして1か月半後、まさかの会社倒産。東京に戻る決心をします。

 

会社が倒産してからの私は、とても行動力があったと思います。なんせ、家具家電は手放してしまった状態。会社は入社1ヶ月半で倒産だったので、お給料もほぼ手元にありません。東京で、格安で住める家具付きのマンスリーマンション(シェアハウス)を見つけ、内見もロクにせずに入居。転職活動を始めました。

幸いなことに、1か月程度で良い会社に巡り会え、収入も安定。ポテンシャルを評価していただき、少し高めのお給料をいただけることになったのをきっかけとして、今のお部屋に移り住んできました。

 

今のお部屋は、初めての「ちょっと奮発した」マンション。新築・オートロックで、広さも十分あり、独立洗面台や2口コンロも揃っています。大好きなクルマも、ありがたいことに持ってくることができました。

できるだけ長く住みたいと思えるおうちです。

 

親元を離れて、もうすぐ6年になるんだなあと思うとちょっと感慨深いですね。ただ、6年のひとり暮らしで、5回の引っ越しをしているので・・・それもそれでなんというか笑。引っ越し貧乏とは私のこと。

今の家ではしばらく落ち着いて、いろんな経験をしていきたいですね。目標4年。つまり27歳まで結婚できないに1票。

第91回選抜高校野球を見ながら

第91回選抜高校野球が始まりましたね。

もちろん今年も、仕事中はラジオ(自由業なので何をしてもOK)、家に帰ってからは毎日リプレイを食い入るように見、雑誌や新聞、スポーツ系のニュースのチェックも欠かしません。

 

そんな高校野球大ファンの私なのですが、どうしても忘れられない大会がありまして。

2009年、第91回全国高等学校野球選手権大会です。

選抜の時期なのに、夏の大会かよ!ってなるけど、第91回って聞くと、私にとってはこっちなんです。この大会が大好きなんです。

 

キャッチフレーズは、「 “夏”という名の宝物 」。それにふさわしく、多くのドラマがあった大会だったと思います。

 

印象的なのは、第1試合、如水館対高知が史上初、同一2試合連続降雨ノーゲーム。ノーゲームとなった2試合は、どちらも如水館がリードしていた試合でした。3度目の正直と挑んだゲームは、3-9で高知の勝利。「如水館、雨に泣く」の見出しがついたスポーツ紙が飛ぶように売れていましたね。

 

また、この年はプロ野球に進んだ有名選手が非常に多く、かつ現在も活躍している年でもあります。

主な選手を挙げるならば、
菊池雄星(花巻東→西武→シアトルマリナーズ)
山崎康明(帝京→亜細亜大→DeNA)
原口文仁(帝京→阪神)
吉田正尚(敦賀気比青山学院大オリックス)
堂林翔太(中京大中京→広島)
吉川大幾(PL学園→中日→巨人)
西浦直亨(天理→法政大→ヤクルト)
中村奨吾(天理→早大→ロッテ)
西川遥輝(智弁和歌山→日ハム)
秋山拓巳(西条→阪神)
大瀬良大地(長崎日大九州共立大→広島)
今宮健太(明豊→ソフトバンク)
と挙げればキリがありません。

 

この大会の、一番アツかった試合が決勝戦だと思っています。

8回裏終了時点で4-10、中京大中京のリード。中京大中京の勝利がほぼ確実視されたこの展開に沿うように、9回表はランナーなしで2死。しかもバッターは2ストライクと、「あと1球」コールが響き渡るような試合でした。

2ストライクと追い込まれていたバッターは、その後粘って四球。さらに盗塁で2塁進塁。その後2者連続適時打で6-10に追いつきます。その後の打者は今日10点を許している日本文理のピッチャー伊藤。適時打で2者を生還、8-10。さらに代打が初球をレフト前に飛ばし、ついに9-10。2死2Sからの追い上げともあり、球場が一番盛り上がった時だったのではないでしょうか。私自身も、テレビの前で震え上がりながら見ていたことを思い出します。

この試合の実況を担当した朝日放送テレビの小縣アナが残した
「つないだ!つないだ!日本文理の夏はまだ終らない!」
という実況は、今でも耳を離れません。

試合は、このあとサードライナーで9-10、中京大中京の勝利に終わりますが、日本文理ナインの輝かしい笑顔が忘れられない、私の中でのベストゲームです。

 

印象的な高校野球の試合は?と人に問うと、たいていの人が「2006年、早稲田実業駒大苫小牧の引き分け再試合」と答えます。平成高校球史に、深く刻まれた決勝戦であることは確かな事実です。

ですが、2009年の夏が、私の中では一番アツく、輝いていたと今でも思っています。毎年、新しい球史が生まれていくのはもちろんなのですが、やはり、私は2009年が忘れられないのです。

 

去年の第100回大会で「高校野球はすごい。高校球児はすごい。」という名言が生まれたように。
今年も、この先も、また新しい高校野球の歴史が作られ、輝かしい選抜・全国高校野球が繰り広げられることを期待します。

「引退」についてのおはなし

野球選手の引退、というイベントは、何度見てもドラマにあふれ、美しく、冷酷だなと思います。

小さい頃から、家族全員が野球好き(見る専門)なので、家のテレビは常に野球中継が流れていました。

私は東京2球団のファンでして、巨人とヤクルトを主に応援しているのですが、昨シーズンは村田選手(横浜→巨人→栃木GB)、松岡選手、山本選手(どちらもヤクルト)の引退試合を現地へ見に行きました。特に村田選手に関しては、本人が「まだやれる」と言い続けていた末の引退だっただけに、心が痛み、まだあの豪快なスイングが見たかったと思います。

 

そして飛び込んできた、2019年3月21日の、イチロー選手引退。

正直、まだやれるんじゃないか、もう少しできるんじゃないか、という気持ちと共に、そうか、ゆっくり休んでくれ、という気持ちがありまして。とても不思議な感覚で昨日のニュース速報を眺めていました。

イチロー選手といえば、私の中では“大リーガー”であり、オリックス時代の記憶はほぼありません。松井選手とほぼ同時期に渡米し、活躍し。大リーグ情報って大体この2人についての特集しか組まれてませんでしたよね。

 

昨日、生中継でというわけにはいきませんでしたが、ここ日本での大リーグ開幕戦、8回裏、ライトの守備についたイチロー選手が監督に指さされ、チェンジになるシーンは、録画で何度も見ました。いつもは淡々としたイチロー選手が、少し長く時間を取り、観客と同僚の選手たちと抱き合うシーンは、球史に遺るワンシーンだったと思います。

 

ただ、こうやって引退試合(イチロー選手の場合はそういう名目ではなかったけど、実質引退試合と決めていたんでしょう)を組んでもらえる選手がいかに少ないことか。

20代前半で戦力外通告を受け、泣く泣く野球の道を諦める選手。
故障に苦しみ、ブルペン投手としてでも球団に残りたいと裏方に回る選手。
30代に入って、稼ぎ頭として頑張らなければいけない時に、自由契約、トライアウトに挑む選手…。

毎年、野球ファンは10月、11月になると、クライマックスシリーズ日本シリーズのワクワクと共に、この辛い速報を受け止めなければなりません。

 

その過酷な運命と行く末は、それこそ毎年ドキュメンタリーになっていますね。
プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』
お涙頂戴の番組であることは重々承知なのですが、毎年見てしまいます。
「こんなはずじゃなかった」
という選手たちの声が、いつも辛いし、耳に残ってしまうんですよね…。

 

イチロー選手の華々しい引退、日本で見られて良かったです。
『「イチロー」を引退する』と言った彼の言葉通り、「イチロー」から「鈴木一朗」になった彼の今後が楽しみです。

 

春になったから言いたいこと

 

ブログを見てくれたらしい友人から、「春になったから言いたいこと」っていうお題を頂いたので、それで書いてみようと思いました。
つまり暇。

 

言いたいことその① 花粉

春夏秋冬の中で、一番嫌いな季節が春です。
なんでかって、花粉が飛んでいるから。私はそれこそものすごくひどくてひどすぎる花粉症なのですが(めちゃくちゃ強調するよ!)、そのひどさは皆様の想像を絶するものだと思ってます。

 

まず目。白目がゼリーのようにぶよぶよになり、真っ赤に血走る。目を開けているだけでイライラと、眼球の上をアリが這っているかのようなかゆみに襲われ、目薬なんてさしてもさしても涙で流れていく。

そしてくしゃみ。鼻水。鼻づまり。鼻はなぜ取り外し式じゃないのだろう。毎日鼻を取って中を洗って装着したい。

私の場合はこの代表的な症状に加え、熱と頭痛、筋肉痛があります。熱は花粉が収まるまでの約2か月、ずっと微熱状態。おかげで微熱が平熱みたいに錯覚する。元々偏頭痛持ちなのですが、この時期はまるで群発頭痛。意識が飛ぶような痛み。今までに3回ほど救急車で病院送りになりました。筋肉痛は、まあいっか(筋肉痛、嫌いじゃないので)。

 

かつ、私はスギ・ヒノキ花粉だけでなく、ハクレン・モクレン、サクラなどなど、春に花粉を飛ばしそうな植物が全部ダメなんです。サクラに関しては本当に致命傷。日本人としてお花見を純粋に楽しめないのはいかがなものでしょうか。

 

毎日の飲み薬と、週に1度のブロック注射がないと生きていけません。今後は舌下治療も試してみたい。春は医療費地獄なのです。

 

言いたいことその② 年度初め

私は新卒1か月半にして転職をしたので、今の会社に同期と呼べる人がいません。元々フリーランスだったし、体質的にもひとりで黙々と作業をしたり、自由に取材にひとりで出かけられる環境が必須で、今の会社も自由度高くやらせてくれそう!という理由で入社を決めました。

ただ、あと1か月もすれば、今の会社にも新入社員というポジションのフレッシュな子たちが入ってきます。一応大企業と呼ばれる規模の会社ではあるので、20人ほどが入ってくると思われます。その子たちを見たとき、「ああ、同期ほしいなあ……」って自分が思わないかが心配。

 

今の部署は、全員中途の比較的年齢層も高く、私がぶっちぎりで最年少、という部署なので、お兄さんお姉さんたち(パパ・ママともいう)にそれこそ箱入り娘のようにかわいがられています。

もちろん、これからも新卒が配属されることはまずない部署でしょう。しばらく年下ポジションはゲットだぜ。

なのですが、ざっくばらんに飲み食いして愚痴を話せる同年代の同僚、というものが居ないのも事実。時々、近くに同じような年齢の人がいたらなと思っています。そこの君、同期は大切にしなさいよ!

 

言いたいことその③ 少しだけ頑張りたい

春なので、新しいことを始めたくなるのが人間の性。

新しいことを始めるために、第一歩としてひとり暮らしを再開しました。大学生活で、神奈川→千葉と住んで来ましたが、初めての東京暮らし、23区民。東京の下町感あふれる、ちょっと古いけど活気のある商店街が楽しい街に引っ越してきました。

神奈川も千葉も、どちらかというと若い人・単身世帯が多い街に住んでいたのですが、今回はザ・ファミリー層。朝はパパと子供が一緒に家を出て保育園に連れて行く…みたいな街です。

 

ありがたいことに、車をこちらに持ってこられたので(駐車場付きマンション探しまくった)、週末のイオンまとめ買いが滾る。土曜日にまとめ買いをして、作り置きをして、平日はそれを食べる…という生活に戻ることができました。私の貧乏学生時代のルーティンです。少し奮発して家賃の張るマンションに引っ越したので、節約生活も頑張っていこうと思ってます。

 

あとは、趣味の充実かな。楽器はもっと頑張りたい。
球春到来ですね。今年も東京2球団を応援します。

 

 

チャレンジする、って悪いことじゃないけど、頑張りすぎなくて良いことだと思ってます。今年度もよくがんばりました!来年度もゆるく、ほどほどにがんばります。

 

デスクワークが嫌いっていうおはなし

一つの場所に、時間で縛り付けられるということが大の苦手です。

つまり、デスクワークが嫌いということなのだけれども。朝決まった時間に会社に来て、8時間だか9時間だかパソコンにひたすら向かってルーチンワークをこなす・・・という生活をしている自分は想像できない。あと、定時で帰るっていう概念もちょっと理解ができない。

学生時代にしていた接客のアルバイトは、確かに時間で管理をされていたし、お金の単位も「時給」でした。まあこれは、同一労働同一賃金的な考えをするならば妥当なのかなと思いますし、私もそれで納得して4年間も働いていたわけで。

 

大学時代に、初めて「アルバイト」という枠から外れて仕事をしたのが二十歳になったばかりの頃。「給与」ではなく、「原稿料」を頂きながら生活を始めた時に、「自分はこの働き方が合ってるんだろうな」と思いました。

文字単価いくら、とか、原稿1本いくら、とか、取材費いくら、とか。時間にかかわらず、仕事の成果でお金が払われるのがとても嬉しかった。しかも当時は、大学生の金銭感覚でいたので、自分の実力相応もしくは実力以上のお金を頂いてた気がします。

 

そして今現在、正社員として働いているわけですが。正社員ってなぜかしらないけどほぼ時給制みたいなもんじゃないですか。同じ9時間をどんなに頑張ってもお給料は変わらないし、むしろ頑張ったら定時に終わっちゃって、残業代を稼げずに終わる、みたいな。

 

ありがたいことに、私の働く会社は編集者に対して「原稿1本いくら」が歩合でつくので、そこまで残業しなくてもまあ満足できるお金はもらっているんですけれども、そうじゃなかった前職(1ヶ月半しか働いてない)は、みんなだらだら残業して、残業代を捻出してた気がします。どうなんだかね。

 

見なし残業代込みの給料にすればいいっていわれれば、確かにそうかもしれないよね。40時間の見なし残業代を基本給に組み込んでおけば、残業すれば残業するほどマイナスになるわけだし。でもそれが許されるのって、一部のデスクワーク部署(事務的処理部署といえばいいのか?)な気がする。あくまでもクリエイティブの現場って、自分の作るモノに対しての評価を頂きたいわけで、その評価方法がお給料になるのは至極当たり前なコトだと思うんですよね。

 

っていうクリエイティブの現場に5年間居て感じたこと。私にはもうこの仕事しかできないっていうレッテルが貼られているので、一生クリエイティブ的な仕事をしているんだろうな・・・。

といいつつ、現在国家資格取得に向けて勉強中。合格してた大学院に潜りに行ってたり(ちゃんと聴講生申請してるよ)、結局は大学時代と変わらない位には勉強してる気がする。何年かかるかわかんないけど、とりたい国家資格が2つあるので、人生あと40年くらいは勉強しとこうと思います。

確定申告の季節

 

とりあえず広告消し的な意味で雑談記事。

 

フリーランスをしていると、毎年恐ろしく思っている確定申告。

ちまちま毎月(毎回?)帳簿でもつけてれば良いんですが、なんせめんどくさがりなものでやっておりません。

 

特に2018年は、フリーランスとしての仕事がめちゃくちゃ多かった上に、学生時代のアルバイト、10月から1ヶ月半だけ働いた正社員としてのお給料、現在のお仕事のお給料・・・とひどいことになっております。それに追加して、住民票を千葉→群馬→東京と移したので、これまた大変。医療控除もしっかり付けたいし。

 

フリーランスをしているとどうしてもぶち当たる「青色申告」。これがまた大変なんですよね。私は大学時代、一応経済学部にいたので(本当に一応)、簿記とかはわかるんだけど、そうじゃないフリーランスってどうやって申告してるんだろう。

 

今のお仕事は正社員ですが、同時に副業みたいな形でフリーランスライターはずっと続けてます(副業に寛大な職場でよかった)。つまり来年以降も確定申告は続くよどこまでも・・・。

 

 

確定申告と同時にやってくる恐ろしいモノといえば花粉症なのですが。
私は例に漏れず素晴らしく重度な花粉症でして、毎年ブロック注射を打ったり、薬を飲んだり、数年前にはアナフィラキシーまで出すくらい・・・のはずなのですが、今年なぜか全く症状が出ない。毎年花粉飛散開始のニュースが出ると同時にくしゃみと涙が止まらなくなるはずなのに!あれ、これ治ったのかな?まさかね?

 

うちの母は、私を産んだ年に花粉症が治ったらしいです。体質の変化とか色々あるんだろうなあ。

なんでもデジタル化すると怖いと思う

 

急にどっと忙しくなりました。

前職は、毎週〆切があって、毎日が繁忙期!みたいなかんじだったけど、
今は〆切がないから、逆にいつが繁忙期なんだろうって思っています。

一応、そこらへんの一般企業なので、一般企業と同じように年明け年度末は忙しいのかな。

すでに球春到来、3月はオープン戦に行きたいので、そこそこ頑張って仕事を早く終わらすのが目標です。

 

おっと話がズレたぜ。

 

最近、車をちょいちょい見るようになりました。

仕事でも車を扱うことが多くなって参りまして、もともと車がふんわり好き!
って部類の人間なので、まったく苦ではありません。

ただ、知識がない。

車って、見た目が違うのはもちろんだけど、エンジンがどういうものを積んでいるのかーとか、最近の流行りだと、運転アシストなんかそれぞれ搭載しているものが違って面白いです。

 

 

最近だと、レクサスのデジタルアウターミラーなんかが話題になりましたね。

 

いやーあれはどうなんだろう。
実際に運転させていただいたんですが、怖い。めっちゃ怖い。
車線変更なんてできたもんじゃない。
距離感が全くわからないんです。

お知り合いの乗ってみた方に聞いてみたら、「慣れればいけるよー」って言ってたけど…

慣れるまでが大変そうですあれは。事故る。

 

私自身、運転は好きだけど、自信はないタイプ(運転に自信のあるヤツ程事故るんだけどね)。高速道路はよく使うけど、追い越し車線はほとんど走らないタイプのドライバーです。

デジタルアウターミラーはちょっと人類(というか私)には早かったです。また挑戦します。

 

業界が一つ変わるだけで、こんなにも世界は変わるんだなと思いますねー。今、仕事で勉強しまくっていることが、のちのちどんな形で役に立つのか、どんな形のお仕事に繋がるのか。

 

私、人生の目標が生き字引になることでして。

まあそういう面でも知らないことは調べて、見て聞いて触って、どんどん知っていければなって思います。

 

2月になりましたね。

2月末に、引っ越しをいたします。

この1年で3回目の引っ越しです。そろそろ落ち着こう、ということで、新築の駐車場付きを借りました。しばらくはそこに腰を据えるつもりです。

あと、夏前~秋くらいに、ねこさんをお迎えできればと思っています。ほんとは犬派なので、犬がいいんだけど、不規則な仕事故、一人にしちゃうのかわいそうだからね。

ひとまず新居、たのしみです。