Departure's borderline

本と音楽とディズニーと野球、その他いろいろな興味事

2020年私的ベスト10

 

去年は2010年代私的ベストアルバムというタイトルを、年明けにアップしました。

こういうエントリーって、12月末とかにアップするべきだと思うんですけど、私の腰が重いものでね……。

 

それでは2020年私的ベスト10です。順不同で全部1位です。

 

 

Walking In The Rain(Alright)/DedachiKenta

 

Walking In The Rain (Alright)

Walking In The Rain (Alright)

  • DedachiKenta
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 今年の6月に発表された1曲。シンセサイザーの音遊びがとても心地よくて、在宅中何度もリピートして聞いていました。もともとは全部英詞だったものを一部日本語訳した歌詞も、言葉遊びがかわいらしく、耳触りもなめらかでとても心地いいです。

 

 

誰かが夜を描いたとして/cadode 
誰かが夜を描いたとして

誰かが夜を描いたとして

  • cadode
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

正直今年はcadodeさんを知れてよかった。歌詞が力強くて、音作りがシンプルなのがとても好きです。この「誰かが夜を描いたとして」はPVにさまざまな仕掛けがあるのが面白いなぁと思っています。

 

 

ほたるのうた/リュックと添い寝ごはん
ほたるのうた

ほたるのうた

  • リュックと添い寝ごはん
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 若い才能ってすごいなぁ。彼ら、高校卒業したばっかりなんですよ。
ボーカルの力みすぎない歌声と、アコースティックの柔らかな曲調がとてもマッチしていて、キレイな音楽だなぁと感心しています。

 

 

Over/LUCKY TAPES
Over

Over

  • LUCKY TAPES
  • R&B/ソウル
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 今年一番聴いたアルバムはこれです。LUCKY TAPES。その中でも「Over」はダントツで素晴らしかった……。歌詞の中に「向日葵の咲かない夏」というフレーズがあるんですが、なんとなく2020年の情勢とリンクして、苦いなぁって感じました。

 

 

君とdrive/YONA YONA WEEKENDERS
君とdrive

君とdrive

  • YONA YONA WEEKENDERS
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 ひたすらに良いです。サビ前のメロウな感じと、サビの疾走感がたまらない。タイトル通りドライブ中にずっと聴いてました。YONAYONAは新曲が出るたびにスキが増していってしまうので困ります。

 

 

化かしHOUR NIGHT/ビッケブランカ VS 岡崎体育
化かしHOUR NIGHT

化かしHOUR NIGHT

  • provided courtesy of iTunes

 きつねとたぬき、なるほどね、とPV見始めたらその言葉遊びと曲調がスルメすぎてリピートしまくった1曲。ビッケさんの斬新さと、岡崎体育さんのポップさが最強コラボすぎてもっと出してほしいです。

 

 

突破口/SUPER BEAVER
突破口

突破口

  • provided courtesy of iTunes

 アニメ「ハイキュー! TO THE TOP」の今期OP。ハイキューはどうしてもSPYAIRのイメージがぬぐえないんだけど、これはいい意味で新しいハイキューOPでした。歌詞に「今をやめない」というフレーズが繰り返し出てくるんですが、それが力強くて春高バレーぽさがあってエモくてちょっとだけ泣いた。

 

 
LOST IN PARADISE(feat. AKLO)/ALI
LOST IN PARADISE (feat. AKLO)

LOST IN PARADISE (feat. AKLO)

  • provided courtesy of iTunes

もともとALIは大好きでよく聴いてたんですが、新曲がアニメ「呪術廻戦」EDで流れてきたときびっくりしすぎて叫んだ。ALIが世間に知られてしまった……! ALIの良さをふんだんに取り入れながら、AKLOさんのラップがいい味出しててとても好きです。

 

 

Ideal/草田一駿


Kazooshi - Ideal

これは今年のベストに入れていいのか迷うけど、外せなかった。まぎれもなく天才。FUJIROCKのYouTube配信で見たんだけど、もうこれはすごいです。どういう育ち方をしたらこうなるんだろう。インスト曲なのに楽器がひとつひとつキラキラ歌ってる感じがします。

 

 

ハロー/時速36km
ハロー

ハロー

  • 時速36km
  • ロック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 時速36㎞はなんかグサグサ刺さる歌詞が多くて、元気のないときに聞くと元気づけられすぎて泣いてしまう。「ハロー」も初聴でボロボロ泣いた。「他の誰かに理解されないことがうれしかった」とかいうパワーワード。だいすきです。

 

 

 

自分の好みをふんだんに詰め込んだら、2020年を象徴するあれこれが入らなくなりました。2021年も好きな曲を探しながら楽しんでいきたいです。

 

 

 

 

 

 

2020年、ありがとうございました。

 

クリスマスを心置きなく話せる女友達と過ごしたので、26日から実家に帰ってきています。車で2時間ほどとすぐ帰れる距離ではあるので、連休があればちょくちょく顔を出しているのですが、1週間以上帰るのは久しぶりのことです。

 

例年であれば、地元の数少ない友達とのランチや、母とのショッピングを楽しむのですが、今年はなかなかそうもいかず。初日に吹奏楽のコンサートに出かけて以降は、一歩も外に行かないような怠惰生活をしています。来月に今住んでいるマンションの契約更新なので、お金貯まっていいかな。

 

さて、今年はフェスやコンサートにたくさん行くぞ、と意気込んでいた年でしたが、残念ながらそれは憚られるような一年になってしまいました。

2月 Perfume at東京ドーム
8月 [Alexandros] atZepp Haneda
9月 SANABAGUN.  atCLUB QUATTRO
10月 藤井風 at武道館
12月 millennium parade at東京国際フォーラム

今年行ったのはこの5つだけです。もしかしたら最小記録かも。フェスはロキノン3大フェスとフジロックに行く予定でしたが、それも叶わず。

 

野球については、運よくスワローズのプラチナ会員だったので、神宮に14試合見に行きました。チケットの取りにくい環境の中、さらに応援もできず、苦しい状況の中でしたが、お付き合いいただいた方々には感謝です。東京ドームに1試合も見に行けなかったのは残念。家に一番近い球場なんですよ、ドーム。

 

 

転職2年目にもなり、裁量の大きい仕事をどんどん一人で任されるようになりました。逆を返せば、自分のアイディアをどんどんクリエイティブに入れられるようになったということ。少しやりすぎなのではと思うような事柄にも挑戦し、もちろん失敗して反省することもありましたが、2020年はよく頑張った年なのではないかなと思っています。

フリー業のほうもありがたいことに順調で、来年の大口のお仕事が2つすでに決まっています。自分のやり方は間違っていないと信じて、でも人の意見もよく聞いて、どんどん成長していきたいですね。

 

 

2020年もこちらを訪れていただき、ありがとうございました。

来年もゆるく、のんびりと続けていけたらと思います。どうぞお付き合いください。