Departure's borderline

本と音楽とディズニーと野球、その他いろいろな興味事

最近のおはなし

 

忙しいという言葉は嫌いだし、あんまり口に出したくないなと思っているのですが、それにしても忙しかった1か月でした。

10月半ばからどっと忙しくなり、家には寝に帰っているだけ。
平日に飲み会なんて入れられるわけもなく、家で日付が変わってから缶ビールをあけようか迷う生活。疲れました。

 

ようやくこの忙しさに終わりが見えて、12月に入ればもう今年は終わったようなものです。私の仕事は世間と繁忙期がズレているので、師走はそこまで忙しくないんですよね。

 

 

さて、新しくお仕事をいただきました。

まだ媒体名は言えないのですが、私が目標の一つとしていた、高校野球について継続で書けることになりました。とてもうれしいです。

面談を担当してくださった編集さんが、とてもとても親身にお話を聞いてくださるお二人で、自分がやりたいこと、今後のビジョンなどを事細かに聞いていただき、今回その実現として一歩を踏み出すことができました。あんな編集さんに私はなりたい。

近いうちに記事を出していただける予定です。

 

 

最近、大学生と会うことが少し増えた気がします。

自分の高校の後輩だったり、恩人の教え子だったりと出会い方はさまざまなのですが、共通しているのがみんなマスコミや文字にかかわるお仕事に興味があるということ。

人はそれぞれなので、比較はしたくないのですが、どうしても「あ、本気なんだな」という子と「まだ定まってないんだな」という子がはっきりするなぁと思います。

 

私としては、全員がそれぞれの望むキャリアに進んでほしいと思うのですが、そもそもただ華やかそうだからという理由で志望していたり、企業名だけを目当てに選んでいたりする大学生も多く、私の大学時代はどうだったかなぁと思い返すきっかけになりました。

私自身、企業に入りたいというより、編集者になりたい!が先行していたので、出版に入ろうがIT企業に入ろうが、「編集」というポジションをもらえればよかったんです。

○○社の社員になりたい!はまったく考えていなかった。

だからこそ就活は失敗したんだろうなって思うんです。会社の人からしたら「マスコミだったらどこでもいいです」って言われているようなもんですからね。

 

それでも、結局その考えは変わらないし、今でも編集という仕事(ライター業含む)ができれば、その内容はなんでもいいし、知らない分野だったら学びたいって思う。

 

 

…そんな話を、つい先日、わたしを出版社に引き入れていただいた恩人2人の前でしました。

「あなたらしいし、数年後が楽しみだ」と言っていただけたことにとても感謝しています。何年後になるかわかりませんが、次のキャリアを考えてもいいなと思いました。

 

 

 

アニメ作品「SHIROBAKO」を見直していたんですが、脚本家志望の今井みどりちゃん(通称りーちゃん)っていうキャラクターがいるんですね。2クール目くらいに入ったところで、アニメ制作会社の設定制作としてアルバイト採用されているんですが、その前に「私、知らないことを調べるのが好きみたいです」っていう発言をしているんです。

 

あーこれなんですよ。
結局私は知らないことを知るのが好きなんだと思います。

ぶっちぎりで興味のないこと・苦手なことはもちろんあるけど、そうじゃなければ飲みこんでいきたいなぁ。アウトプットできるかは別として。

 

りーちゃんは「自分には物語が必要だから」と言って、脚本家を目指すんですが、私にとっては「日本語が必要だから」なんですよ。日本語ってキレイじゃないですか。

日本語をさらに上手に操るためには、芋づる式に知識が必要になっていっちゃって。インプットが追い付かない。自分の頭が人間百科事典みたいな容量があればいいのになぁ。

 

 

 

とまあ最近はインプット多めで楽しくやってます。
もうすぐ忘年会シーズンですね。体調に気を付けつつ、上手に経済を回していけたらいいなと思います。

元”うちの子”が他球団で愛され始めたとき -千葉ロッテマリーンズ 澤村拓一

 

 

・筋肉お化け

マッスルミュージカル

・当て屋

しろくまアイス

脳筋

 

………。

ジャイアンツファンのみならず、幅広い層からひどい二つ名をつけられてきた澤村拓一。CSの最中に六本木のクラブで起こした暴力事件。駐車場を爆走して阪神のバスを煽りまくった危険運転。川崎で起こした人身事故。すごい。普通に呆れる。すごいよ澤村。猪突猛進の意味、絶対間違えてる。(澤村の座右の銘が「猪突猛進」です)

 

近年はマウンドに上がるとハラハラした。原さんもハラハラだよ。あああここは1点もやれないんだぞ、おまえ大丈夫か、やりすごせるか。そういうときに限って大量失点。お家芸か。

 

そんな彼が、電撃トレードと称され幕張の地へ飛び立った。もうすぐ1か月が経つ。

彼は1イニング3Kとかいう「どちらさまですか」と言いたいような初登板を飾り、その後も勝ちパターンのリリーフとして大活躍を遂げている。

 

>>な ん で や ね ん<<

 

結局、このトレードは大成功ということだろう。

だが、巨人ファンとしてはやはりモヤモヤが残る。巨人の環境が良くなかったのか? 巨人を愛してくれていたのではなかったのか? ちょっと澤村のこと見くびりすぎてたか?

 

 

 

***

 

10月3日(土)の予定がなくなったのはその前日の夜遅く。いつも野球を見に行く友人に「明日暇になった」と連絡をすれば、3分後に「マリンと神宮、ハシゴする計画」が決定。相変わらずのフッ軽。

 

実はZOZOマリンスタジアムに行くのは2年ぶり。2018年の習志野高校吹奏楽応援日以来だった。当時は千葉県に住んでいたので、片道30分もかからずマリンに行けたのだけど、今は東京のほぼ埼玉付近。幕張ってこんなに遠かったのかと途方に暮れながら電車に揺られること1時間半……。

 

 

その前日、澤村は登板かつ被弾していたので、「今日の登板はないだろうな」と見込んでいた。余裕ぶっこいて2回裏に球場入り。サンマリンのもつ煮最高ですわ~~ビールおいしー!ウン億ウン千万稼いでる労働者眺めながら昼間から飲むビール、おいしーーーー!

 

 

試合は締まった展開でとても面白かった。2本のHRで6-3と逆転したのちの8回。

かつてジャイアンツの大エースだった上原の登場曲「Sandstorm」が流れた瞬間、マリンがドッと湧く………。

 

いや澤村めっちゃ愛されてるじゃないの。

昨日被弾してるのに、こんな大事なところ任せてもらえるような中継ぎになったの。

1か月で何があったの。

 

投球内容も素晴らしかった。

1四球はあったものの、あとは完璧。東京ドームで投げていた背中も大きかったけれど、幕張の青空の下投げる澤村の背中は、もっと大きく感じた。

 

 

 

投球を見ながら、ボロボロ泣いてしまいましたわ。

この日配られた2005年ユニに、当時はあるはずのなかった57 SAWAMURAの文字を入れていた、まさかのチョイス。お金かけてよかったね。

 

「更生」という言葉が正しいのかはわからないけれど、あの投球からは新天地で頑張ろうという澤村の熱意が伝わってきました。

やんちゃもするし、まあまあワガママだし、なのに繊細でちょっとメンタルとうふだし。ちょっと気難しい人ではあるけれど、きっとロッテのために彼はこれから活躍してくれるはず。

 

千葉のみなさん、元”うちの子”澤村をどうぞよろしくお願いいたします。

 

↓感動しすぎてめっちゃ草はやした私のツイート