Departure's borderline

本と音楽とディズニーと野球、その他いろいろな興味事

サカナクションと越える夜 -サカナクション『#夜を乗りこなす』

 

ライブにいけない。今月は4本、来月はフェスも含めて6本ライブが飛んでいる。生音を浴びることで生きることを感じている私みたいなmusic loversは生きた心地がしないですよ。ほんとうにね。

 

ここ最近、サカナクションが毎週土曜日にYouTubeでライブの配信をしてくれていまして、家のプロジェクターにパソコンをつなぎ、お酒を片手にライブ以上に踊り狂う週末を過ごしています。

 

サカナクションのこの一連のプロジェクトを表すハッシュタグ『#夜を乗りこなす』。これ、もともとはサカナクションの楽曲『さよならはエモーション』の中の歌詞なんですけど。とても今の私たちの心境と合っていて、すてきで美しい日本語だなと思いました。

 

さよなら 僕は夜を乗りこなす ずっと涙こらえ
忘れてたこと いつか見つけ出す ずっと深い霧を抜け

サカナクション『さよならはエモーション』

さよならはエモーション

さよならはエモーション

  • provided courtesy of iTunes

 

 

 

サカナクションのライブのすごさ

サカナクションのライブは、いつも新しい試みがあって、クオリティも高く、非常に面白い。今までに5回ほど現地参戦していますが、そのどれもが完璧で、妥協のない素晴らしいライブだなと感じます。

 

その一つが、おととい18日にYouTube配信があった、2017年『SAKANAQUARIUM2017 10th ANNIVERSARY Arena Session 6.1ch Sound Around』。これ、幕張メッセ現地で私も見ていたんですけれども、ほかのどんなライブよりも音がヤバかった。

 

だいたい、ライブのスピーカーは左右2つ+ウーファー1つの2.1ch。それを、左右2つ×前中後の3か所、計6つのスピーカーでやってしまおうという、最高音響のライブでした。

 

この6.1chがなにを可能にしたかというと、まず会場の後ろのほうでも音がめちゃくちゃクリアに聴こえること。そして、左右に音を振ったり、前後に音を振るといった、立体音響が可能になっていること。

 

 

サカナクションの音響チーム、『チームサカナクション』は、彼らの多彩な音色を操るために、凄腕が集められていることは有名な話。その裏方たちが丹念に作り上げる「幕張メッセ」という巨大なハコを手玉に取った音作りは圧巻でした。

 

現地参加の私、超後ろで見てたんですけど、スピーカーとの距離が離れるとできてしまう音遅延や反響も少なく、非常にクリアな音で楽しむことができました。

 

 

 

すべてが「新しい試み」

そういった、新しい試みを次々と試してくれるサカナクション、やはりすごいなと感心してしまいます。

 

そういえば、私がサカナクションと出会ったきっかけも、そんな「新しい試み」がきっかけ。私が中学生だったころ、NHKの音楽番組(番組名まったく思い出せません)で『アルクアラウンド』のPVを紹介していたのが、私とサカナクションの出会いでした。

 

アルクアラウンド』のPVは、1曲まるまるワンテイクワンカットのPVながら、カメラの位置によってバラバラに置かれたパネルが歌詞を浮かび上がらせたり、それがエンドレス表現になっていたりと、なかなかにこだわりぬいた演出が魅力的。

 

当時中学生だった私は、このPVにくぎ付けに。すぐにCDを購入し、テープだったら擦り切れているほどに聴きこみました。

 


サカナクション - アルクアラウンド(MUSIC VIDEO) -BEST ALBUM「魚図鑑」(3/28release)-

 

 

 

サカナクション」だから成せる逆境突破

彼らのすごさはそれだけにとどまりません。

その1つはやはり、唯一無二のそのジャンル。ロックとも、テクノとも違う、「サカナクション」というジャンルが、すでに彼らの手によって築かれているんですよね。

 

曲調や作品が似ているアーティスト…サカナクションが好きな人に薦めるアーティスト…まったく浮かばないですもん。サカナクションが好きな人は、たぶん別枠としてサカナクションが好きなんだと思います。

 

 

そしてもう1つは、この自粛期間であっても、「ほかのアーティストのファンを食っていく」かのような貪欲さが感じられるということ。

 

各方面のアーティストがライブ延期や中止、CD発売の延期などを迫られ、アーティストもファンも疲弊している今、疲弊しているファンを引き込むかのような新しいプロジェクトの数々。

 

サカナクション独自のレーベル「NF Records(あくまでビクターエンタテインメント内レーベル)」を持っていることも強みになり、山口一郎のアイデアマン気質と合わさってこの逆境を猛烈な勢いで進んでいます。

 

 

 

まとめ

サカナクションが私たちmusic loversに差し出した『#夜を乗りこなす』は、もちろん私たちを励ますコンテンツ。でも、彼らは、夜をのりこなしたその先をすでに見据えているはずです。

 

この長い夜を越えた時、サカナクションは、私たちの気づかないうちに、もっととてつもないものになっているかもしれません。

春のヒゲダンはさわやかなエールソング -Official髭男dism「パラボラ」

 

 

2019年の音楽シーンといえば、ヒゲダンだったと思います。

「Pretender」という最強のキラーチューンを手にした彼らは、あらゆるサブスクリプションで上位を総ナメ。その後発売したアルバム「Traveler」はもちろん、2020年2月に発売したシングル「I LOVE…」がドラマ主題歌として大ヒット。老若男女問わず愛されるロックバンドとして名前を日本に轟かせました。

 

 

春になってもその躍進は止まりません。現在はコロナウイルスの影響によってツアー中止/延期に追い込まれている状況はあれども、各種フェスにひっぱりだこ。9月のSUPER SONICには名だたる世界のスターの名前と並んでヒゲダンの名前が発表されました。見劣りしなかった…すごい…。

supersonic2020.com

 

 

さて、そんなヒゲダンがこの春に送り出す最新チューン「パラボラ」は、さわやかなエールソング。2020年「カルピスウォーター」CMとのタイアップ曲で、新社会人に向け「まっしろで、すすめ。」をテーマにエールを送るTVCMに仕上がっています。

パラボラ

パラボラ

  • provided courtesy of iTunes

 


Official髭男dism 新曲「パラボラ」披露 永野芽郁とヒゲダンがCMでコラボ! 『カルピスウォーター』新CM

 

 

この「パラボラ」、意訳するとすれば「放物線」という意味だそうなのですが、彼らの音楽から最近受けていた、音楽的ギミックをとっぱらった、素直でまっすぐな音作りだなという印象を受けました。

 

例えばサビのドラムはずっとシンプルな四つ打ちであったり、藤原が奏でるシンセサイザーもあまり超絶技巧的なメロディーはなく、非常にわかりやすい。

 

また、曲全体で言えることなのですが、ヒゲダンの曲はAs dur(嬰イ長調:Pretender)やCis dur(嬰ハ長調:Stand By You)といった、比較的シャープ、フラットを多用した難しい調で曲を作っていく傾向にありました。が、「パラボラ」はB dur変ロ長調)。耳なじみがよく、吹奏楽部出身の彼ららしい、という印象でしたね。

 

 

ヒゲダンのチューンは、お世辞なしに詞が上手いわけですが、今回も非常に素直で、刺さりやすい言葉が並べられていると感じました。あえて対象を絞らず、あいまいな一人称を使うことで多くの人の共感を得やすい彼らの言葉選びは、「パラボラ」でも健在。誰しもが青春時代に思ったであろうレールを歩くその先に今の自分がいる、といった内容なのかなと思いました。

 

 

彼らがOfficial髭男dismというバンドを結成して、今年で8周年。先日の「SCHOOL OF LOCK!TOKYO FM)」で、藤原はこのように話していました。

 

「バンド結成してからだと、もうすぐ8周年だよね。当然8年もあると、音楽性とかやってることとか変わってくるじゃない? でもこの「パラボラ」が生まれたことで、もう一周回って新しいヒゲダンを始めることができるきっかけになったんじゃないかな、と思っています。」

 

つまり、彼らにとって、すでに1周し始めている。2周め、3周めと重ねれば、それはそれほどパワーアップした彼らの力を私たちは聴くことになる。

 

2019年、大ヒットした彼らは今後どのように私たちに音楽を届けてくれるのか。

彼らの今後も含めて、非常に未来を感じさせてくれる1曲でした。

 

 

Pretender

Pretender

  • provided courtesy of iTunes
I LOVE...

I LOVE...

  • provided courtesy of iTunes
Traveler[通常盤]

Traveler[通常盤]

 

 

2020年度ラジオ改編

 

2020年度が始まりましたね。

今の会社に入社したのは12月だし、大学を卒業したのは9月なので、あまり4月で区切りという気持ちはないのですが、周りが「社会人○年目突入!」なんて言っているのを見ると、あー春がきたなー!って思います。

 

今年度も、本業と並行してフリーのお仕事を頑張っていけたらと思っています。最近は各方面からお仕事を頂いているもので、ライター業の他に、ウグイスや吹奏楽指導のお仕事などもちょっとずつ増えてきました。

お仕事の幅は広げつつ、一番の軸であるライター業、エディター業はしっかり強化していきたいものですね。

 

 

さて、私の趣味(?)のひとつである、ラジオも春の改編の季節。ヘビーリスナーであるニッポン放送の「オールナイトニッポン」は、昨日で新年度1週目が終わりました。

 

今年度は1部は改編なし、2部(オールナイトニッポン0)が、月曜日にファーストサマーウイカさん、木曜日にYouTuberの水溜りボンドになりましたね。

ファーストサマーウイカさんは、実は他の番組中に流れる番宣で「あ、苦手なタイプだ」と直感していまして…。1週目は怖いもの見たさに聴いてみたのですが、継続断念しました。

 

打って変わって、木曜日の水溜りボンドは大当たりでしたね。彼ら喋りがうまいのはもちろんなんですけれども、ちょっと軽口叩いても憎めない可愛げがある。1週目は緊張も感じられましたが、きっといいラジオパーソナリティに育っていくと思います。

木曜2部は、2019年度が「King Gnu井口理のオールナイトニッポン0」で、それこそ初回から毎週欠かさず聴いていただけに終了が残念でなりませんでした。ニッポン放送さんからしても、手放したくないパーソナリティだったはずです。

 

後半になって何回も爆ハネした「井口理ANN0」の後続ですから、プレッシャーも多くあると思いますが…ぜひ頑張ってほしい。継続決定です。あ、彼らの大学の後輩でもあります私。

 

 

今年の私のANNラインナップは
月曜日:菅田将暉ANN
火曜日:星野源ANN、Creepy NutsANN0
水曜日:佐久間宣行ANN0
木曜日:水溜りボンドANN0
金曜日:三四郎ANN、霜降り明星ANN0
土曜日:オードリーANN

です。今年も月~土で毎日ANNにお世話になります。 

 

他でいうと、
草野マサムネロック大陸漫遊記(TOKYO FM
PONTSUKA!!(BayFM
ACTION(TBSラジオ
SCHOOL OF LOCKTOKYO FM
Session22(TBSラジオ

は継続で聴いてます。

今年は各局あまり大きな改編がなかったイメージ。外になかなか出れないこのご時世、ラジオが家の中の娯楽として大いに活躍してくれてます…いつも通勤で聴いてるラジオを家で聴いてるってだけだけど。

 

 

にしても、この状況はどうにかなからないものか。

2月末に行ったPerfumeを最後に、ライブにも行けてません。野球開幕も見通し立たず。ちょっと限界が近くなってきたなあと思いますね。あと何ヶ月、何年この状態が続くんだろう。

頼むからNHK朝の連続テレビ小説『エール』を見てくれ

 

 

今季のNHK朝の連続テレビ小説『エール』。

初回からインパクトたっぷりで、「え?朝ドラ?」と思わせる演出を詰め込んだ今作。今後が楽しみでなりません。

www.nhk.or.jp

 

『エール』は大正~昭和時代を舞台に、老舗呉服屋の長男である古山裕一とその妻で歌手の関内音を主人公に据えた物語。物語自体はフィクションですが、古山裕一は「古関裕而」、関内音は「内山金子」というそれぞれ実在の人物をモデルにしています。

 

古関裕而」と聞いてピンと来る野球ファンは少なくないはず。以下、代表曲を列挙します。
巨人軍の歌闘魂こめて)」
「大阪(阪神)タイガースの歌(六甲おろし)」
「ドラゴンズの歌(青雲たかく)」←初代球団歌ですね!
栄冠は君に輝く
「紺碧の空(早稲田大学)」
「我ぞ覇者(慶應義塾大学)」
「あゝ中央の若き日に(中央大学)」
「カレッジソング(東京農業大学)」

知ってる!!!ってなった曲…さすがに1曲はありますね?今もなお歌い継がれる名曲を書いたその人こそ、古関裕而なのです。

 

朝ドラはあまり見ない(というか一人暮らしの我が家にテレビがない)ので、『エール』は実家で録りため、帰省時にイッキ見するという方式を採るつもりですが、それでも今作は私の推しすぎる。推しに推しまくって全てが尊い

リアタイできない私の代わりに是非見て下さい。

 

 

  1. キャストが推し
  2. テーマが推し
  3. 見てるだけで全てが推し

 

続きを読む

9回目の3.11

 

「3月11日、大変だったよね」

そんな会話は、今でも飲みの席やらで、頻繁に行われています。すでに思い出話の域になっていることを、直接的被災者ではない私達は恐れるべきであって、未だに被災の痕が強く遺る地域が多くあること、まして元いた地域に戻れないまま9年が経ってしまった人も多くいることを忘れてはならないなと、毎年この日に思います。

被災地と、東京の時間の流れは、あまりにも違いすぎる。

 

 

私は中学の卒業式中に、群馬県地震に遭いました。ミッションスクールに通っていた私は、ガタガタと揺れる大きなパイプオルガンや、ぐにゃりとこんにゃくのようにねじ曲がるように見えた礼拝堂を目の当たりにし、「ああ、死ぬんだな」と思ったのを覚えています。

 

当日、両親は働いていて、卒業式には参加していませんでした。ほとんどの生徒が親に連れられて信号の止まった道路をおそるおそる帰る中、私は迎えが来るまで学校に留まることになります。

 

保育士をしていた母は、受け持ちの保育児童が全員帰宅するまで保育園を離れられず、私を迎えに来られたのは日付が回った頃でした。

 

群馬県は、最大震度6弱。電気、ガス、水道といったインフラは全てストップ。犬を飼っていたため、避難所と自宅を行き来しての生活が五日間ほど続きました。相次ぐ余震や緊急地震速報。ラジオでは大変なことがおこっていると分かっていたものの、津波の映像を電気が通ってからテレビで見た時、家族3人で言葉を失いました。生きているんだね、生きていられたんだね。あれほどまでに命の重みを感じた瞬間はないかもしれません。

 

 

情報が手に入らないことへの恐ろしさ、常に流れ続けるラジオの安否情報、事実だけを伝えようとする媒体、人の気持ちをくみ取ろうとする媒体。

報道、マスコミのあり方を、さらに考えさせられた出来事でもありました。

 

 

あれからもう9年。まだ9年。

直接的に被災をした東北や茨城、千葉、長野。あの時から時間が止ってしまった人。反して、進み続ける今の私を含めた直接的被災者ではない人々。思い出話としてではなく、もう一度思い出して、口にしていく必要がある。

 

14時46分。ここ東京で、足を止める人があまりにも少ないことに、改めてショックを受けながらも、今後もこの日は、せめてこの1分間だけは、2011年に帰らないといけない。

 

約1万6000人の死者、未だ見つからない約2500人の行方不明者が、9年前の今日、いなくなってしまったことを、追悼式という形がなくても、覚えておかなければならない。

 

 

9年が経ち、中学生だった私は社会人に。

3.11だけがきっかけではありませんが、私は報道、マスコミと呼ばれる場所で、編集者やライターという肩書きで働くようになりました。

 

「俺たちは、ペン1本で人を死よりもひどい地獄に落とすことができる。
けれど、ペン1本で人を救い、全世界に伝えることができるのも、俺たちだけ。」

そう4年前に教えてくれた、敬愛する編集者の言葉を、もう一度噛みしめ、報道する人間として、再度事象を大切にしながら生きていきたいと思います。

 

 

 

[追記]
春の選抜高校野球、中止が決まりました。

怒りを禁じ得ません。誰も悪くない。その中で、大人達は球児や関係者の気持ちを最大限くみとる努力をしたか、またはこの先努力をしていけるかを問います。

また、「この状況では仕方が無い」といった報道やSNSでの意見も散見されますが、その「仕方が無い」で片付けられる程、この問題は軽くないことを、もう一度考えて欲しいです。

 

春の選抜は、夏の完全トーナメント制とは違い、3年生が抜けて、1,2年生だけの新編成となった野球部員たちが、半年間をかけて勝ち取る出場権。「夏にシード権を…」などの対応は、違うものと考えます。

 

怒りしかない、けれど誰に怒りをぶつければいいのかわからない。

一刻も早く、この状況が収束することを願います。

うちら、ここで歌っとるよ。- Perfumeに「魅せられる」ということ

 

 

 ※rockin'on.com 内、「音楽文」にて掲載していただきました。

 

ongakubun.com

 

Perfumeというグループが大ブレイクしたのは2007年。かの有名な「ポリリズム」が大ヒットしたのがきっかけだろう。私は当時小学6年生。リビングで眺める音楽番組に出演するPerfumeを見て、その可愛らしい(けど難しい)ダンスをマネたりしていたものだ。

 

特に、ハマることはなかった。Perfumeは、2007年からすでに日本の音楽界において確固たる地位を手にしていたし、テレビの出演やタイアップ起用も多かったから、ニューシングルを音楽番組で見る程度。曲はなんとなく知っているけど、特にCDを買うこともない。Perfumeは生活に溶け込んでいて、その存在感は私の中では薄いものだった。

 

 

時は流れ、2019年。私はずいぶんと大人になった。自分で自由に使えるお金が増えてからは、ROCK IN JAPAN FESに毎夏足を運ぶのが恒例になっていた。

 

2019年8月4日。ROCK IN JAPAN FES 2019の2日目。うだるように暑い。ビールがひたすら美味しい。15時過ぎ、とにかく暑い。風があるから、少し疲れる。

 

一緒に来ていた男友達と、少し休もうかと、ビールを片手に芝生に座り込んだとき、わぁっと、一番大きなステージから歓声が沸き、静まり、そして音楽が流れた。

 

「そう見慣れた いつもの景色が
 変わるの 全てをつなげば
 騒ぎ出す 街中の全てが
 聞こえる。」
(Future Pop)

 

なんとなく、呼ばれた気がした。

―うちら、ここで歌っとるよ。

そう、背中を押された気がした。

 

Perfume、聴きにいこうよ」

重い腰を上げた私は、渋る男友達の手を引いて、大きいステージに吸い寄せられていった。私の目が、彼女たち3人を確認した頃、湿った熱風が私たちの間を吹き荒れていたけれど、ステージ上の彼女たち3人が浴びるこの風は、衣装をなびかせる演出のように見えた。綺麗だ。たくさんの大きなヒレをはためかせる、3匹の金魚が踊っているようだ。純粋に、そう思った。

 

 

彼女たちのステージは圧巻だった。ROCK IN JAPAN FES 2019の2日目、どのアーティストのステージが一番心に残ったかと問われれば、私はPerfumeと即答するだろう。私をステージに引き寄せた「Future Pop」から始まり、「Spending all my time」、「Baby cruising love」といった懐かしのナンバー。3人のハイヒールが激しく踊る「FLASH」。2019年最注目バンドであったKing Gnuがウラだったから、それを取り上げて自虐する可愛らしいMC。観客参加型のP.T.A.のコーナー。すべてがよかった。「魅せられた」と表現するのが一番しっくりくるくらいに。

 

 

彼女たちは儚くて、手に届きそうで届かない。手にとったら消えてしまいそうな、はじける炭酸のような笑顔を振りまきながら、ものすごく難しいダンスをハイヒールでこなし、音程差の激しい難しい曲を甘く高い声で歌う。

 

私は初めて、彼女たちのことを「もっと知りたい」と思った。意識の中には常にありながら、「もっと知りたい」とはこれまで一切思ってこなかった彼女たちについてを。

 

ありがたいことに、サブスクが発展している時代。彼女たちの音楽を、片っ端から聴いて、公式サイトやSNSや音楽記事を片っ端から読んだ。彼女たち、もう31歳なのか。なんならあ~ちゃん以外昭和生まれ…。既に日本の音楽界に確固たる地位を築いている彼女たちのことを、こんなにも知らなかったのかと、ちょっとだけ自分が恥ずかしくなった。

 

 

そんな彼女たちが、2020年、結成20周年と、デビュー15周年を迎える。

Perfume 8th Tour 2020 “P Cubed” in Dome」は、そんなPerfumeが昨年秋にリリースしたベストアルバムをひっさげ、展開しているドームツアーだ。

 

2020年2月25日、私は初めて彼女たちのライブを見に、東京ドームへ行く。

ROCK IN JAPAN FES 2019に一緒に行った男友達を連れて。

彼もまた、ROCK IN JAPAN FES 2019で聴いたPerfumeに「魅せられた」一人だったのだ。

 

余談だが、彼は2月25日にひとつ年齢を重ねる。その日に、私は少しだけ、勇気が欲しい。

ROCK IN JAPAN FES 2019で、Perfumeの音楽に私が背中を押され、彼女たちの音楽を再認識したように、もう一度、東京ドームで私の背中を押してほしい。

 

 

 

Future Pop

Future Pop

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

Perfume The Best "P Cubed"

Perfume The Best "P Cubed"

  • 発売日: 2019/09/18
  • メディア: MP3 ダウンロード
 

 

東京のカフェが最強の海外旅行 -近藤史恵『ときどき旅に出るカフェ』読了メモ

 

色々なジャンルの小説を読んでいると、たまーに来る「メシモノ小説読みたい欲」。バレンタインが過ぎたあたりから、甘味の効いた小説が読みたくなって、本屋に足を運びました。その時たまたま目に入ったのが今回の作品。近藤史恵『ときどき旅に出るカフェ』です。

 

ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫)

ときどき旅に出るカフェ (双葉文庫)

  • 作者:近藤 史恵
  • 発売日: 2019/11/14
  • メディア: 文庫
 

 

初出は2017年刊行の単行本。2019年11月に文庫化され、その後すぐに重版。現在流通している刊は第4刷のようです。すごいハイペース。

はじめは短編小説集かな?と思っていたのですが、読んでみたら連作短編集でした。途中で止めることなく、するすると読めてしまう近藤作品の読みやすさはさすがのもの。3時間ほどで一気読みしてしまいました。

 

以下、多少のネタバレあります。

  1. 世界をおすそ分けする。そんなコンセプトのカフェ
  2. 王道メシモノ小説にプラスされたミステリ要素
  3. まとめ

 

続きを読む