Departure's borderline

本と音楽とディズニーと野球、その他いろいろな興味事

春になったから言いたいこと

 

ブログを見てくれたらしい友人から、「春になったから言いたいこと」っていうお題を頂いたので、それで書いてみようと思いました。
つまり暇。

 

言いたいことその① 花粉

春夏秋冬の中で、一番嫌いな季節が春です。
なんでかって、花粉が飛んでいるから。私はそれこそものすごくひどくてひどすぎる花粉症なのですが(めちゃくちゃ強調するよ!)、そのひどさは皆様の想像を絶するものだと思ってます。

 

まず目。白目がゼリーのようにぶよぶよになり、真っ赤に血走る。目を開けているだけでイライラと、眼球の上をアリが這っているかのようなかゆみに襲われ、目薬なんてさしてもさしても涙で流れていく。

そしてくしゃみ。鼻水。鼻づまり。鼻はなぜ取り外し式じゃないのだろう。毎日鼻を取って中を洗って装着したい。

私の場合はこの代表的な症状に加え、熱と頭痛、筋肉痛があります。熱は花粉が収まるまでの約2か月、ずっと微熱状態。おかげで微熱が平熱みたいに錯覚する。元々偏頭痛持ちなのですが、この時期はまるで群発頭痛。意識が飛ぶような痛み。今までに3回ほど救急車で病院送りになりました。筋肉痛は、まあいっか(筋肉痛、嫌いじゃないので)。

 

かつ、私はスギ・ヒノキ花粉だけでなく、ハクレン・モクレン、サクラなどなど、春に花粉を飛ばしそうな植物が全部ダメなんです。サクラに関しては本当に致命傷。日本人としてお花見を純粋に楽しめないのはいかがなものでしょうか。

 

毎日の飲み薬と、週に1度のブロック注射がないと生きていけません。今後は舌下治療も試してみたい。春は医療費地獄なのです。

 

言いたいことその② 年度初め

私は新卒1か月半にして転職をしたので、今の会社に同期と呼べる人がいません。元々フリーランスだったし、体質的にもひとりで黙々と作業をしたり、自由に取材にひとりで出かけられる環境が必須で、今の会社も自由度高くやらせてくれそう!という理由で入社を決めました。

ただ、あと1か月もすれば、今の会社にも新入社員というポジションのフレッシュな子たちが入ってきます。一応大企業と呼ばれる規模の会社ではあるので、20人ほどが入ってくると思われます。その子たちを見たとき、「ああ、同期ほしいなあ……」って自分が思わないかが心配。

 

今の部署は、全員中途の比較的年齢層も高く、私がぶっちぎりで最年少、という部署なので、お兄さんお姉さんたち(パパ・ママともいう)にそれこそ箱入り娘のようにかわいがられています。

もちろん、これからも新卒が配属されることはまずない部署でしょう。しばらく年下ポジションはゲットだぜ。

なのですが、ざっくばらんに飲み食いして愚痴を話せる同年代の同僚、というものが居ないのも事実。時々、近くに同じような年齢の人がいたらなと思っています。そこの君、同期は大切にしなさいよ!

 

言いたいことその③ 少しだけ頑張りたい

春なので、新しいことを始めたくなるのが人間の性。

新しいことを始めるために、第一歩としてひとり暮らしを再開しました。大学生活で、神奈川→千葉と住んで来ましたが、初めての東京暮らし、23区民。東京の下町感あふれる、ちょっと古いけど活気のある商店街が楽しい街に引っ越してきました。

神奈川も千葉も、どちらかというと若い人・単身世帯が多い街に住んでいたのですが、今回はザ・ファミリー層。朝はパパと子供が一緒に家を出て保育園に連れて行く…みたいな街です。

 

ありがたいことに、車をこちらに持ってこられたので(駐車場付きマンション探しまくった)、週末のイオンまとめ買いが滾る。土曜日にまとめ買いをして、作り置きをして、平日はそれを食べる…という生活に戻ることができました。私の貧乏学生時代のルーティンです。少し奮発して家賃の張るマンションに引っ越したので、節約生活も頑張っていこうと思ってます。

 

あとは、趣味の充実かな。楽器はもっと頑張りたい。
球春到来ですね。今年も東京2球団を応援します。

 

 

チャレンジする、って悪いことじゃないけど、頑張りすぎなくて良いことだと思ってます。今年度もよくがんばりました!来年度もゆるく、ほどほどにがんばります。