Departure's borderline

本と音楽とディズニーと野球、その他いろいろな興味事

24歳になりました

1年のちょうど真ん中に生まれたこともありまして、ブログの「長期振り返りタイミング」ネタになる自分の誕生日。2019年ももう半分すぎてしまったんですね。早いこと早いこと。

 

この半年は、新しい仕事を覚えることと、新しい物事を始めてみること、人と会うことの3点を大切にして生活をしていました。

 

まず、新しい仕事を覚えること。12月末に転職をし、自分が望んだジャンルではないにしろしっかりと文章の仕事をしています。1年前の自分に、「今は正社員で編集者をやっているんだよ」と教えたら、さぞかし驚くことでしょう。1年前、23歳の誕生日を迎えた私は、社会人として、決まった時間に出社する生活をしているとは思っていませんでした。

一番近しい上司は文章もうまく、編集技術もあるので、どんどん吸収していきたいと思っています。関わりのある他部署の人にもとても恵まれていて、会社自体はとってもホワイト企業。現段階では満足、といったところでしょうか。ただ、このままずっとこの会社にいようとも思ってはいないので、良いところは全て学びきった、と思えたら次の道を考えようと思います。

 

次に、新しい物事を始めてみること。この半年で、ひとり暮らしの再開とフルートのレッスンに通い始めたことが一番大きな“新しい”物事かなと。ひとり暮らしは、やはり大変だけれど楽しいですね。気楽だし。少しずつ、自分のお城を築いていきたいな、と思って家具を揃え始めたり。料理も好きなのですが、最近繁忙期だったこともあって今現在はお休み中。外食はお金がかかるので抑えたいところです。

フルートについては、まだ通い始めたばかりということもあって、楽しみながら継続中。自己流の練習だけではどうしようもなかったアンブシュアが戻ってきたのを感じられて、今とっても楽しいです。休日はずっと練習していたいくらい。

 

最後に、人と会うこと。これは、この仕事を始めた20歳の誕生日の時からずっと意識していることなのですが、人と会って、お酒を飲むだとか、ご飯を食べるだとか。とにかくそういう顔と顔を合わせる時間を大切にしています。できる限り飲み会には顔を出していますし(自分がお酒好きなのもありますが)、昔のお客さんや、そこから紹介してもらった人。「久しぶりに飲もうよ」などと誘われた日には、フットワーク軽すぎて痛い目を見ることも笑。

誕生日前々日の29日、23:30に「今から会おうよ」と久しぶりの友人・先輩に声を掛けられ、朝まで飲んで二日酔いを経験。二日酔いと言っても、私は気持ち悪くなるわけでもなく、ただひたすら睡魔が襲ってくるだけのありがたい二日酔いなので、それは助かります。昨日も、誕生日前日を1日寝て過ごしました。

 

次の半年は、どういう半年にしよう。人と会う、は継続。あとは一回くらいお酒の自分の限界を知りたいですね。「お酒で吐くなんてお酒に失礼!」がモットーの私ですが。

中長期的に見て、音楽にまみれる半年になる予感。ロックフェスやライブはもちろん、吹奏楽も少し頑張りたいです。