Departure's borderline

本と音楽とディズニーと野球、その他いろいろな興味事

自粛してても金が飛ぶのはなぜなのか

 

先日、愛車を車検に出してきました。

今回は定期的に点検も出し、調子よく乗っていたので、最低金額で行けるだろうと皮算用をしていたのですが………。さすがにもう6年目ということもあり、ところどころ「交換必要ですね」があって思った以上の見積もりが出てきてしまいました。

自分の命を乗せているものだし、まだ車を買い替えられるだけの余裕もないので、涙を呑みながら現金払い……。

 

 

今月のクレジットカードの引き落とし額にもびっくり。

なんせ電車に乗りたくないもので、車で行けるところはとことん車移動を徹底しているのですが、ETCの引き落としとコインパーキング代、ガソリン代がいつもの数倍。かつ、今年はもともと住んでいた千葉県での仕事が増えていることもあって、首都高→湾岸線の乗り換えが高い高い。

 

 

吹奏楽の練習がお休みのうちにと、自分の楽器(フルート)を調整に出したら「そろそろオーバーホールしてくださいね」と強めの念押しが。

オーバーホールは、キイのパッドを全部取り換え、コルクやピンも取り替えて分解清掃を行ってもらう、6年ほどに1度の大工事。もちろんそれだけの大工事をするにはお金も相当かかってきまして、お見積り7.5万円。まじかーーーどこから捻出するよそれ。

 

 

さらにさらに、友人の結婚式の予定が2件。

すべてこのご時世の影響で延期になってはいますが、いずれ必要になるご祝儀……。25歳という年齢で、やっぱり結婚ラッシュ来たな…と思っています。

 

 

私の家計簿のうち、家賃の次にお金をかけている項目が「飲み代」なのですが、3~6月はそこがほぼゼロでした。おかげさまで音楽やゲーム、在宅勤務に必要な家具家電を一式そろえられたのですが、今となっては「それ使わずとっておけばよかった…」となっています。

飲み会は少しずつではありますが再開していますし、私自身外で飲むお酒が大好きなこともあって、野球場へ居酒屋へとちょいちょい顔を出しています(マスク着用、マスク外した状態でむやみにしゃべらない、トングと箸は分けるなど、対策はしっかりしています)。

つまり今、そこそこ飲み代は膨れ上がっておりまして。うーん以前とほぼ変わらんレベルかな。お酒はやめられない。

 

 

 

何がつらいかって、この騒動のおかげで私も例外なく仕事量が減ったということ。少しずつ回復はしていますが、いまだに騒動前の60%くらいのお仕事量で推移しています。

お仕事を増やすために、営業活動も必死に行っているわけですが、「仕事があればぜひお願いしたいのに」と言われてしまう有様。このご時世に新規は難しい、というのは百も承知…。もっとお仕事したいですね……。